ロハスな暮らしのためのスローな雑貨やオーガニックフードのオンラインショップ
紅茶の器 ecote
アイテムで選ぶ 木の葉の形のソーサー付きフリーカップ作家で選ぶ 岡崎さんのfloraシリーズカテゴリで選ぶ 手描きの動物のマグ有機紅茶リスト たっぷり碗商品一覧 北欧デザイン、キッチンワイプ商品取引法 陶器キャニスターLink 東北の手作りガラスMail とてもきれいな磁器のカップ&ソーサー
 
<<前へ戻る      

茎ほうじ茶


宮崎県の五ヶ瀬町で無農薬・有機栽培された釜煎りのほうじ茶です。

茎の部分だけを使用しているため、とてもシンプルなすっきりとした味わい。
香りは、封を開けたときから、お茶を焙じた香ばしい香りが広がります。

カフェインの入った飲み物は少ししんどいけれど、お茶だと満足できない・・そんなときにも
高い香りで気持ちを満たしてくれるほうじ茶です。

茎ほうじ茶
価格:

¥540-  

数量:
詳細:

内容量 100g
原材料 緑茶(有機JASマーク取得済み)
アルミパック包装   
〒定形外郵便発送O.K.

++ 1983年年から無農薬栽培を始め、2001年よりJAS認定を取得しています。 ++
ほのかに甘い桜煎餅と、ほうじ茶

 
わずか30秒で淹れられる茎ほうじ茶は
日常茶にぴったり。気軽においしく淹れることができます。

++ ほうじ茶の淹れ方  ++
分量 400t、茶葉3g(大さじ1)
急須に茶葉を入れたら、沸かしたての熱湯を注いで、
30秒ほど蒸らしてから器に注ぎ分けてください。

*茎ほうじ茶は、1煎目でほとんどの味が出切ります。
2煎目はあきらめて新しい茶葉にして下さい。


茎ほうじ茶の楽しみ方 
口に含んでいるときは、満足感のある味なのに、あと口はすっきりしています。
桜餅のニッキの香りや、あんこの小豆の風味、さつまいもやかぼちゃなど土臭さを感じる素材など、風土から香る素材と相性が良いようです。
みたらし団子の香ばしい香りも、止まらなくなる組み合わせ。

香りの高さが美味しいお茶なので

開封後、早めに飲み切ることをオススメします。
日にちが経つと、香ばしい風味が損なわれます。
開封後は、できれば茶筒で保管してください。

水筒にいれての持ち歩き
携帯ボトルは、内部の金属と茶葉の葉酸の相性が悪く、さらに蓋をすることで圧をかけてしまい、味の落ちる速度を早めてしまいます。
対策→
・携帯ボトルはフッ素コーティングやシリコンコーティングをされているものを選ぶ。
・置いておくときは少し蓋を緩めて圧がかかるのを避けてあげる(温度は下がりますが。)
・半日以内で飲み切る 。
・冷たいお茶を持ち歩く。


<<前へ戻る     ページトップへ戻る

Copyright(C) ecote. All Rights Reserved.